私は毎日ドライヤーを使って髪の毛を乾かすのですが、その際に気をつけている事があります。
それは、なるべくドライヤーの風を上から下に向かって当てるようにし、下から上にはあてないようにする事です。

私の経験上、毛先の方から頭皮に向かって風を当てる方が早く乾く気がするのですが、キューティクルは下から剥がれてきてしまうので、
下から風を当てると剥がれやすくなり髪のパサつきの原因になってしまいます。
ドライヤーを頭の上に持っていって頭皮、頭頂部分から毛先に向けて風を当てるとツヤを保ったまま乾かせます。

ドライヤーが少し重くて、完全に乾くまで少し時間がかかるのでロングヘアーの時は手が疲れて大変ですが、なるべくそのようなやり方で髪を乾かすようにしています。
そして、最後の仕上げにドライヤーの冷風を当てます。
そうする事で、乾かす時の熱で多少痛み広がってしまった髪の毛のキューティクルがクールダウンされて引き締まるイメージで、手触りもツルツルになります。