トマトの旬は夏です。
年中出回っている食材の一つではありますが、本来は夏が旬。

トマトの栄養としてはリコピンが有名になりましたが、ほかにもたくさんの効能があります。

皮膚や気管の粘膜を強くしてくれる作用があるカルチノイド。
リコピンと同じく、抗酸化作用の高いポリフェノール。
抗酸化作用とともに、夏風邪予防やお肌の美白に役立つビタミンC。
抗酸化作用と解毒力を持つビタミンE。
解毒作用で肝臓も元気にしてくれる作用があるグルタオチン。

リコピンは強い抗酸化作用に加え、がん細胞に対する抑制力ももちます。

夏風邪をこじらせては大変なことになりますが、トマトを常食することで予防できます。
デトックス効果によって、体内をきれいにしてくれますし、アレルギーの緩和にも役立ちます。

トマトの栄養を余すところなく取り入れるには
・完熟したトマトを食べる
・生で食べる
のが一番です。

完熟することで、リコピンの含有量は最大になります。
生で食べることで、熱に弱いビタミンCをしっかり摂取することができます。

完熟トマトをたくさん入手したら、冷凍するのがお勧めです。
きれいに洗ってヘタをとり、冷凍庫に入れます。
解凍すると生の時の食感が失われるので、半解凍で食べると良いです。
半解凍のトマトを丸ごと皿に盛り、お好きなドレッシングをかけ、スプーンで食べてみてください。
夏にぴったりのトマトシャーベットサラダです。

着物買取を千葉県でやるならココ